コンテンツ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
  
投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2010-12-15 (2629 ヒット)

12月7日、函館市恵山地区にある尻岸内会館にて「第5回函館がごめカフェin恵山」が開催されました。今回は函館市中心部から飛び出し、がごめ産地の一つである恵山地区へ。特産品であるがごめの良さを産地の方々にもっと広めよう、と企画されました。講演と試食料理会はお馴染み、安井先生と秋保先生のコンビです

写真1:安井教授によるがごめのお話

 

安井先生は、恵山地区の地形や海流とがごめの生長について説明。恵山の特産であるゴッコ(ホテイウオ)も取り入れた新しい料理等も提言しました。

写真2:様々ながごめ料理を味わう参加者

 

写真3:新メニューは「がごめ昆布入りいなり寿司」

試食会では、秋保先生よりがごめ料理が振る舞われました。様々ながごめ料理を試食した参加者のみなさんは、美味しそうに食べていました。

お話を伺うと、がごめは味噌汁の具やとろろ昆布、昆布水程度しか使用していなかったとのこと。産地だからいろいろながごめ料理があると思っていたスタッフは、その言葉に驚きました。アンケートでも、「がごめの成分や効能は知っているが、調理方法がわからない」という意見が多くありました。しかし、「この会をきっかけにがごめの魅力を再確認し、がごめを料理に取り入れていく」といううれしい意見がたくさん寄せられました


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2010-11-29 (2683 ヒット)

11月27日(土)、函館市臨海研究所にて「第4回函館がごめカフェ」が開催されました。今回は初の土曜日開催ということで、申し込みが殺到!!定員25名のところ、37名の方にご参加頂きました。しかし、それ以上の方にお申し込みのご連絡を頂きました。ご参加頂けなかったみなさま、大変申し訳ございません。

まずは、北海道大学水産科学研究院の安井教授よりがごめ昆布の講話がありました。安井先生のお話はとてもわかりやすく、参加者のみなさまはじっくりと聴き入っていました。

写真1:安井教授のお話を聴いてがごめについて学びます

 

次に、函館がごめ連合料理アドバイザーの秋保栄調理講師による試食料理会が行われました。秋保先生の話を聞きながら、料理を味わいました。

写真2:おいしい!と参加者のみなさんは驚いていました

 

今回振る舞われた料理は、「がごめ入り押し寿司」「がごめ入り新丈(お吸い物)」「がごめ酢の物」「たまふくらとがごめのまろやか煮」「がごめ入りごま豆腐」「がごめ入りカスタードプリン」の6品。そして、がごめアンテナショップで販売している商品の中から、新商品の「函館がごめ雑炊梅味」「箱館漁火真いか醤油漬」「帆立とろろ昆布」「がごめロールケーキ」を試食。盛りだくさんでした!

カフェ終了後、すぐ近くにあるアンテナショップには多くの方が来店。がごめ商品をたくさん購入して頂きました。ありがとうございます。これをきっかけとして、がごめ昆布を食卓に取り入れてみてくださいね。

写真3:おいしそうでしょ?!

 

 


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2010-11-17 (2711 ヒット)

北海道の海産物が一堂に集まる物産展「北海道海鮮王国フェスティバル」が11月11日〜17日、札幌東急百貨店にて開催されました。全道各地から集まったおいしくて新鮮な海産物がずらり!イートインコーナーもあり、土日は多くの人が詰めかけました。

写真1:多くの人が詰めかけた物産展会場

 

函館がごめ連合と南かやべ漁協の2ブースが並んで出展。がごめ連合はがごめ商品全般、南かやべ漁業はがごめ昆布だけでなく厳選した真昆布や早煮昆布、納豆昆布を販売しました。平日は来場者が少なかったようですが、土日は大盛況。昆布ブースにも、女性グループを中心にまお客様が集まりました。がごめ商品を初めてみた方は不思議そうにおつまみ昆布をを試食。すると、「おいしい!!!」。やはり、がごめは食べて頂くとわかってもらえるのです!のし昆布や刻み昆布の使い方を質問するお客さまも多く、料理や健康食品として取り入れたいという方が多いように感じました。ちなみに、11月15日は「昆布の日」でした。この日、昆布の日特別販売会が開催されました。

写真2:物産展の中心部にブースがあり、周りの熱気が伝わってくる!

 

写真3:南かやべ漁協もがごめ連合には負けない品ぞろえ


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2010-11-15 (2617 ヒット)

北海道最大級のビジネスイベント「ビジネスEXPO 北海道技術・ビジネス交流会」が、11日から2日間にかけて札幌白石区にあるアクセス札幌にて行われました。開催連日はあいにくの雨。昨年よりも来場者が少なかったとのことでしたが、のべ1万8千人もの方が北海道発の商品や技術を一目見ようと来場されました。

この展示会では食品だけでなく、ものづくりやIT,環境ビジネスや研究機関の301ブースがずらりと並びました。現在活用されている商品や、これから世に出るであろう商品や技術も多数展示。新商品を疑似体験できるとあって、学生や家族連れの姿が多く見られました。

写真1:ビジネスEXPO出展会場

 

函館地域産業振興財団は、「はこだて21ビジネス交流ブース」という函館ゾーンと、北海道・静岡バイオクラスターゾーンの「函館マリンバイオクラスターブース」を出展。それぞれの特色を生かした商品や技術を来場者にPRしました。

写真2:函館マリンバイオクラスターブース 試食配布した函館がごめカレーパンが人気!

 

がごめ昆布商品の前にも多くの方が足を止めて試食。おつまみ昆布のとろ味やがごめ昆布餅、がごめ昆布しょうゆ味はやはり人気で、「札幌ではどこで購入できるの?」という質問を多く頂きました。

写真3:お子様も気に入ったがごめ昆布商品 キャラメルが特にお気に入りのようでした

 

はこだて21ビジネス交流ブースの1つである襯僖謄鵐肇錙璽スの展示には、NHKさんの取材がきましたよ。当日夕方のニュースで、姿勢をきれいに矯正できるという「アピュア」が放送されました。がごめもSTVさんのお昼のニュースでほんの少しですが放送されました。

写真4:アナウンサーさんがアピュアを体験


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2010-11-02 (2700 ヒット)

お待たせいたしました!がごめカフェが11月27日(土)開催です。

今回は4回目にして初めて土曜日開催です。いつもは平日で参加できなかったという方も、気軽に参加できます。

申し込みは、函館がごめ昆布アンテナショップ(函館がごめ連合) TEL・FAX共通:0138-27-4777まで。

※お名前と連絡先をお伝え下さい。

 


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2010-10-25 (2843 ヒット)

秋は展示商談会の最盛期。当財団でも北海道内だけでなく全国の展示会に出展しております。今回は、BIO JAPANと食品開発展2つの展示会の様子を紹介します。

写真1:Bio Japan 「北海道バイオ産業クラスター」ブース

 

写真2:Bio Japan 多くの方が足を止めて説明に聞き入っていました

 

写真3:食品開発展2010 入口

 

写真4:食品開発展2010 都市エリア事業とバイオクラスター事業について展示


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2010-10-19 (3054 ヒット)

今月5日〜7日の3日間、札幌三越にて物産展「食の学園祭」が行われました。この物産展では、北海道内の高校や大学など教育機関の研究から生まれた商品を販売しました。初日はお客様の入りが少なかったのですが、テレビ取材の影響からか、2日目は大盛況!北大水産学部ブースで出展した4社にも、たくさんのお客様が詰めかけました。

写真:お客様は大学発商品に興味深深

 

東京の新宿高島屋では同様の物産展が開催された経歴があります。今後も、このような学校発ブランド商品が多くの方々に知れ渡るといいですね。


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2010-09-28 (3056 ヒット)

9月16日〜29日まで、東京池袋にある東武百貨店にて「秋の大北海道展」が開催されました。函館がごめ連合では16〜22日の1週間出展し、がごめ昆布をPRしました。

写真1:連日大盛況!人気限定商品には長い行列ができていました

 

昨日、STV札幌テレビ「どさんこワイド179」のニュースコーナーにて、東武百貨店池袋店で開催している「秋の大北海道展」について放送していました。残念ながらがごめブースは放送されませんでしたが・・、昨年全国で1番の売上を誇った催事ということもあり大盛況のようでした。「北海道」がブランド化されているのを改めて感じました。

写真2:がごめ昆布ブース おすすめは「とろ味」と「がごめ100」

 

下記URLにSTVの記事が載っておりますのでご覧下さい。

http://www.stv.ne.jp/tv/dnews/memo/index.html?idno=20100927172129

 

9月30日追加

下記URLにて、放送された映像を視聴することができます。

【日本テレビ NEWS every】

http://player.video.search.yahoo.co.jp/video/4e7517941430314ef0a431ccc33b4f29

 


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2010-09-27 (3464 ヒット)

9月26日(日)、56回目の洞爺丸連絡船沈没事故の慰霊法要が行われました。函館市大森町の慰霊堂と北斗市七重浜の慰霊碑前でそれぞれ慰霊法要が行われ、参列者は亡くなった多くの方の冥福を祈りました。

写真1:洞爺丸連絡船の模型

 

13時からは函館大妻高校にて、法要食事会が行われました。がごめを愛する料理人である秋保栄先生は、洞爺丸連絡船の生存者です。洞爺丸で振る舞われた料理を再現、大妻高校食物栄養学科の生徒に伝授しました。当日は招待客に再現した料理が振る舞われ、連絡船や亡くなった方の想いを感じながら食事をしました。

写真2:函館大妻高校カフェテリアでの法要食事会

 

写真3:メインディッシュはエビフライの他にポークカツレツやビーフステーキなどを選択

 

食事の後、秋保先生による体験講演会が行われました。事故当日、常勤シェフに代わってたまたま乗船した秋保先生は沈没事故に遭ったそうです。「船員が持っていた懐中電灯の光を目印に、必死に外へ飛び出した。あの光が無ければ私は今、こうしてみなさんの目の前でお話していないでしょう」と、時に涙をこらえながらお話されていました。

写真4:沈没事故を伝える当時の新聞

 

写真5:慰霊法要には多くの報道陣も駆けつけました


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2010-09-17 (2908 ヒット)

9月13日(月)、公明党の山口代表が北海道立工業技術センターに来館し、函館マリンバイオクラスター事業の視察を行いました。

山口代表は、がごめ昆布など地域資源を活用した商品開発や研究の様子を視察。「同事業は夢と希望ある構想だ」と話していました。

詳しくは、下記URLをご覧ください。

【公明党HP】 http://www.komei.or.jp/webtv/news.html#anc03


« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 9 »