コンテンツ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
  
投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2011-04-18 (2295 ヒット)

北海道大学大学院水産科学研究院が行っている「新水産・海洋都市はこだてを支える人材養成」での講義4月16日(土)にて、函館ガゴメクラスターや根崎漁協、がごめ飯などが取り上げられましたので、ご紹介します。 

まずは、根崎漁協の女性部の方たちに作っていただいた料理を試食しました。下の写真のそば以外にも、「いかそーめんのがごめ添え」、「早煮昆布の昆布巻」、「蝦夷わかめ(チガイソ)の味噌汁」など・・試食の域を超えて、みんな食べてしまいました。

これは「めかぶそば」ですが、がごめでもおいしいです。

次に、本町にあるスリークさんで、「がごめ飯」の誕生秘話を聞いた後、その「がごめ飯」をいただきました。《北の海鮮ひつまぶし》をコンセプトにつくられたこの料理は、食べ進めたあとに“だし汁”をかけて、食感の変化を楽しめる一品です。

「がごめ飯」とお店の詳しい説明は、こちらへ。←クリック

そして最後は、「函館マリンバイオクラスター形成への取り組み」と題し、函館ガゴメクラスターを含む〜UMIのグリーン・イノベーション〜について説明していただきました。

産学官交流プラザでの講義の様子〜当財団の宮原部長による説明

ほぼ1日を通じての講義であったものの、さまざまな意見が交わされ、この日出席した受講生に取って、有意義な1日であったのではないかと感じました。

 


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2011-04-15 (2454 ヒット)

函館市本町にある『旬な味 ご馳走亭』というお店を知ってますか?鯨料理をはじめ、旬の料理を提供しているこだわり居酒屋です。そこにも、がごめ昆布を使ったメニュー?が・・・

「活ツブと岩海苔・トビッコのガゴメ昆布醤油和え」という一品です。※今回はメニュー表の写真のみでごめんなさい。

今回は、たくさん注文してから気が付いたので食べれなかった・・・・次回こそ!! 誰か食べたことある人が居たらどんな味か教えて下さい。


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2011-03-01 (2704 ヒット)

日清の北海道限定商品「北の焼きそば」シリーズに、函館の庶民の味が仲間入り!その名も「日清北の焼きそば 函館いかめし風しょうゆ味」。

函館と言えば、いか!いかめしは多くの人に愛される庶民の味です。その味を焼きそばで再現!また、我らががごめ昆布のソースもトッピング。イカ焼きそばの香ばしさとがごめのとろとろが絶妙なコンビネーション?!これは食べてみないとわかりません!

待ち焦がれる発売日は、3月14日(月)。自分で買って食べるも良し。ホワイトデーでチョコレートのお返しでも良し(笑)目印はオレンジのパッケージです。ぜひ、お試しください!

写真:がごめソースといかめしの香りがたまりません・・!

詳しくはこちらまで↓

日清食品ウェブページ〜「ニュースリリース」 ←クリック


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2011-02-25 (2791 ヒット)

がごめを世界に発信!

このたび、函館空港国際線ターミナル2階にある免税店にがごめ商品コーナーが設置されました。函館空港は週3便のソウル線と主にアジアからのチャーター便が就航しています。取材した日は大韓航空の就航日だったこともあり、多くの方が出国手続き後免税店を訪れていました。

写真1:函館空港国際線ターミナル免税店

 

 

写真2:売れ筋はがごめ雑炊

 

免税店で販売されている商品と言われてイメージするものは、化粧品やお酒、お菓子類ではないでしょうか。しかし!こちらの免税店では体温計や血圧計などの家庭医療品、また、味噌や醤油といった調味料まで置かれていました!需要があるのだろうかと心配になり担当者に伺うと、韓国や台湾の方は好んで購入していくとのこと。やはりMade in Japanは絶大な信頼があるのだと感じました。


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2011-02-18 (2424 ヒット)

2月3日(木)、ロワジールホテル函館にて「海藻シンポジウム」が開催されました。各企業や研究機関が、がごめやアカモク、もずく、テングサの現在の利用方法や今後の展望を紹介しました。

写真1:安井教授による海藻研究の紹介

 

シンポジウム会場では各海藻の商品を紹介するブースが設けられ、シンポジウム終了後には多くの方が興味を持ち見入っていました。

写真2:がごめブースでは化粧品に注目が集まりました

 

写真3:寒天は、イスラム教の断食後に初めて食べる食品として重宝されているそう

 

写真4:もずくにもフコイダンが多く含まれています

 

写真5:アカモク温麺やうどん いろいろな商品に利用されています


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2011-02-14 (2331 ヒット)

2月18日(金)STVラジオ「牧やすまさのスーパースクランブル」にてがごめ商品「おかあのはこだて愛情漬」が紹介されます。

函館がごめ昆布と七飯町産の切干大根を使用した、ねばねばシャキシャキの食感がたまりません!

紹介時間は17時12分頃。どうぞお聞き下さい!


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2011-01-18 (2480 ヒット)

あけましておめでとうございます!本年も、がごめポータルサイトをよろしくお願い致します。

今年に入り、STVテレビとラジオでがごめが取り上げられましたよ

 

1月8日(土)STVテレビ ウィークリー赤レンガ「北海道の未来を広げる、バイオクラスター!

札幌、十勝、函館の各都市の産学官で取り組んでいるバイオクラスター形成を紹介しています。クラスターとは、企業・研究機関・官公庁の連携事業により、新しい技術や商品を開発し広めていこうというものです。この放送では、函館マリンバイオクラスターの成果品である数々のがごめ昆布の商品が紹介されました。

(下記のURLより放送された内容がご覧になれます)

 

1月9日(日)STVラジオ Yo!Hey!サンデー

がごめアンテナショップを紹介して頂きました。MCの石岡愛美さんは函館出身で、帰省の際アンテナショップに立ち寄ったとのこと。おつまみ昆布のとろ味やチョコレートを試食していました。放送後、STVを聴いて来たというリスナーさんが多く来店されました。

(残念ながら、こちらは記事がございません・・・

http://www.stv.ne.jp/radio/yo-hey/index.html

 


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2010-12-28 (2386 ヒット)

このたび、北大の研究と企業がコラボして新しい商品が発売となりました。その名も、「はこだてがごめ昆布塩ら〜めん」です。

麺にやわらかいがごめの若葉を練りこんだことで、つるっとした食感になりました。また、トッピングのがごめを入れるととろとろがより感じられます。乾麺ですので、ギフトにも保存にも優れています。

ご購入は、函館がごめ昆布アンテナショップや函館空港などお土産店まで。1食分350円です。

写真:ガゴメンジャーがトレードマークです


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2010-12-16 (2868 ヒット)

13日(月)、函館市東川町にある函館市女性センターにて「おせち料理教室」が開催されました。これは同センターを拠点に活動しているひまわりサークルの主催。がごめ料理でお馴染みの秋保栄先生が講師となり、サークルメンバー12人におせち料理を指導しました。

写真1:笑いが絶えない雰囲気で開催された料理教室

 

写真2:楽しみながらも真剣な表情で調理する参加者

 

おせち料理のメニューは、エビ、栗きんとん、チキンのごぼう巻き、ユリ根など色鮮やか。また、秋保先生から、「がごめ酢の物」と「花豆とがごめのまろやか煮」のプレゼントも。一足先にお正月がきたようで、とてもおいしく頂きました

写真3:炊き込みご飯と汁物もとてもおいしかったです

 


投稿者 : Gmaster 投稿日時: 2010-12-15 (2525 ヒット)

テレビや新聞、雑誌にてがごめが取り上げられることが多くなりました。ここ最近では、12月11日(土)「けいざいナビ」-テレビ北海道(TVH)にて、函館のがごめの取り組みが紹介されました。

TVH-けいざいナビ

http://www.tv-hokkaido.co.jp/news/keizai-nav-hokkaido/post_290.php

 

13日(月)発売、北海道求人情報誌「シゴトガイド」の企業紹介ページにがごめアンテナショップが紹介されました。

シゴトガイド函館 まちの情報玉手箱

http://hakodate.sgnavi.com/top.php?prc=topics&tpcid=1275

 

また、20日(月)発売のフリーペーパー「Jam函館」にもがごめが登場!産学官連携事業である函館マリンバイオクラスターの取り組みが紹介される予定です。ぜひご覧ください


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 9 »